コラム

2017/09/29 14:40

イカをさばくなんて…、やったことがないとハードルが高そうに感じるますが、実はとっても簡単なんです!
新鮮なものを買って自分で下処理するとお刺身はもちろん、ワタは身やゲソと和えて塩辛にしたりと、内臓や骨以外は、身からワタまで余すところなく使えます。
和食や洋食どちらにも使える万能選手、イカの下処理にぜひ挑戦してみてください!

今回の動画で取り上げているスルメイカは今が一番お店で見かける季節! 楽しいイカライフをお楽しみくださいね〜。 <イカのさばき方> 1. 片手で身、片手で目のあたりを持ち内臓ごと引き抜く 2. えんぺらと呼ばれる三角の部分を抑え、身をえんぺらから引き剥がす(この際身から縦に皮が剥けます) 3. 2で剥けた部分から指を入れ身から皮を引き剥がす 4. 身に包丁を入れて身を開く、骨を取る 5. 身についた付着物を包丁で落とす 6. 硬い部分を包丁で落とす 7. ワタについたスミを引き剥がし、内臓も取る 8. ワタ、目玉、ゲソに切り分ける 9. ゲソから口を取る 10. ゲソの中で長い2本、触腕を包丁で落とす


『いかの下ごしらえ』   NissuiOsakana様 


胴を輪切りで調理できるような解体方法と、きもを使う場合の下ごしらえのやり方について、わかりやすく紹介しています



いかがでしたか?
和洋中どんな料理にでも大切な「イカ」。
ご家庭で下処理をうまくやれば、とっても簡単でとってもお得です。
是非お試しください!