コラム

2017/09/22 04:19

SakanabaccaOnline(サカナバッカオンライン)では、簡単おしゃれなレシピや、魚の食べ方、ちょっとした小ネタを週一回を目安に紹介していきます!

それでは、第5回の5記事です!




①「aff(あふ)9月号

(引用:農林水産省)


コメント:

農林水産省が発行しているaffという雑誌をご存じですか?aff9月号は魚特集でした。
魚介類の名前やおいしい魚の選び方、定番レシピ、漁港めしなど幅広く紹介されています。
サイトから「無料で」見ることができます。



②「牡蠣の「R」問題に終止符・・ウソ?ホント?「R」のつかない月には牡蠣くうな!

(引用:KAKIPEDIA)


コメント:

欧米では「Rのつかない月(5月から8月)に牡蠣は食べるな」ということわざがあり、日本でも知られた言葉ですね。

これに答えるような記事が出ました。「カキペディア」というこのサイトにも注目です。



③コツ「鯛の生ハムの作り方!

(引用:youtube)



コメント:

パスタやサラダ、カルパッチョなどにぴったりの「生ハム」。 作ってみたことはありますか??大きな魚を買ったときはぜひ試してみてください!



④「魚の臭いがフライパンに付いた調理後のお手入れ・消し方 BEST5

(引用:FishDishPark)

"「よくフライパンで、サーモンのムニエルやブリの照り焼きなどを作るのですが、必ずといっていいくらい生臭さが残ります。洗剤で洗っても多少は落ちるが、自分の手にも臭いが残るってしまいます・・・。」「フライパンに付いた魚の生臭さが付いてきたときに、どうしたら生臭さを取れるのかと不安に感じます。臭いがキツイものだと、このフライパンはもう使うことができないとも思ってしまいます・・・。」"


コメント:

普段よくつかう「あれ」もこんな風に使えるのか!という発見があります。
魚を食べる方は要チェック!!



⑤「アルゼンチン風シュリンプフライ チミチュリソース添え

(引用:ELLE gourmet)

"食欲をそそるスパイスたっぷりソースと共に 

  レシピ作成: フードコーディネイター、管理栄養士/美才治 真澄さん"


コメント:

アルゼンチン発祥のチミチュリソースは南米各国に広がる万能ソースです。

一度試してみてはいかが??

--------------------------------------------------


さかなばっか通信ver.1はこちら

さかなばっか通信ver.2はこちら

さかなばっか通信ver.3はこちら

さかなばっか通信ver.4はこちら


--------------------------------------------------

サカナバッカでは、少しでも水産物の魅力をお伝えできるよう、邁進して参ります。

よければSNSのフォローもお願いいたします^^
Facebook
Twitter
Instagram
Youtube